2/9 アントロポゾフィー医療講座 ~ 健康とは何か? ~

~ 健康とは何か? ~

子どもたちが健康であること、健やかに育つことは、子どもに関わる多くの大人が願っていることです。しかし、健康とはなんでしょうか。どんな状態を指しているのでしょうか?

病気をしないこと?熱を出さないこと?また、子ども達の健康的な未来に向けて、私たち大人は何ができるのでしょうか。シュタイナー教育は、子どもが自由に向けて成長す
ることを支える教育であり、同時に今だけでなく、将来の健康につながる教育だと考えています。

午前中は、基本的なことからみなさんと子どもの健康について、一緒に考えられたらと思います。午後は、少し専門的に、アントロポゾフィー医学から見た4つの構成体の関わりと健康との関係、各臓器の働きについて、お話したいと思います。

日 時 : 2020 年 2 月 9 日(金)
10:00~12:00 講義
12:00~14:00 昼食交流会
14:00~16:30分 講義②
■ 場 所 : たんぽぽこども園

* 参 加 費 :講義①2,000 円 講義②3,000 円
★講義に、申込みされた方は交流会に参加いただけます。
昼食は希望者のみご用意します。
★講座費は、正会員割引きあり。
* 講 師 : 安達 晴己(医師、アントロポゾフィー医学認定医師)
* 託 児 : 500 円(要予約) ★午前のみです。

【お申し込み】
講座名を明記の上、お名前、連絡先を事務局までご連絡ください。
託児のある方は、一週間前までにお申込みください。

<主催・お申し込み・お問い合わせ>
NPO法人賢治の学校ふくおか 事務局
〒811-3311 福岡県福津市宮司浜3-6-26 tel&fax 0940-52-0886
e-mail: kenji-fukuoka@ac.auone-net.jp
http://www.kenjinogakkou-fukuoka.com


・講師プロフィール 安達 晴己

医師、アントロポゾフィー医学認定医。
医師として研修後、子育てを通してシュタイナー教育と出会う。
賢治の学校ふくおかの活動に参加。親としてたんぽぽこども園の設立に関わる。
現在も理事,園医を務める。
2010 年アントロポゾフィー医学の認定医を取得。
通常医学の診療所に非常勤として勤務。アントロポゾフィー医療を自由
診療で行う、小さいおうち自由クリニックを福津市に 2011 年 11 月に開所。
一般社団法人日本アントロポゾフィー医学の医師会代表。二児の母。

・アントロポゾフィー医学とは
シュタイナー教育の提唱者であるオーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナー
と、オランダのイタ・ヴェーグマン医師によって研究・実践された医学である。
自然科学に基づいた現代の医学に、ルドルフ・シュタイナーが研究した人間の本質や身体的魂的発展、人間と自然と宇宙の総合的な進化についての認識を付け加
えるものである。世界 60 か国以上に広がり、ドイツ・スイスでは公的保険が適
応される病院や診療所がある。日本では 2004 年から海外講師を招いての国際ア
ントロポゾフィー医学セミナーが開かれ、医師・医療従事者が研修している。

・賢治の学校ふくおかとは
「子どもたちが生きる希望の持てる社会をつくろう、大人の責任において」を基
本理念として子どもが本当に自由な大人へと成長していくことを目指すシュタ
イナー教育を手掛かりに、子どもたちが安心して過ごし成長していける場を親と
教師がともに作っていきます。現在、保育施設「たんぽぽこども園」を中心に小
学生土曜クラス、未就園児親子クラス、大人のため学習会などを主催しています。